変幻自在

where the flowers bloom at midnight

books

2022年、児童書にはまった

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと」 わたしの2022年は、何だかみょうに児童書づきました。 はまったきっかけは、こちらの1冊。 HOW TO BE BRAVE / DAISY MAY JOHNSON それまで児童書には、あまり関心なかったのですが、この本のタイトルを目…

【洋書おすすめ】COLD ENOUGH FOR SNOW

最近読んだ本、"COLD ENOUGH FOR SNOW" by JESSICA AU。 まずはこの青いシンプルな装丁に目を奪われ、あらすじを読んで更に興味が湧き、これは絶対読みたいと思いました。 本のページにはまさに雪を連想させる一際白い紙が使われていて、デザイン的にもとて…

表現という言葉を失う前に

仕事を早々に切り上げて、むかうは吉祥寺111(スリーワン)。 吉祥寺駅から歩いて5分くらいのところにある、こじんましとしたお店、私は初めて訪れます。 むかう理由は、いま存続の危機にある、ル・デルニエ・クリが生み出したアートブックを見るため。 ル・…

文禄堂、ルノアール、高円寺

日常生活を送る中で蓄積されたストレスが、赤く点滅し始めました。 今年の夏はわけあってお盆休みもなく(号泣)、働き通しですから当たり前です。 このままではサイレンまでもが鳴り出してしまいそう。 これはいかん。 ということで、ひとまず仕事帰り、気…

7 REECE MEWS FRANCIS BACON'S STUDIO

ネット注文して、何カ月ものあいだ到着を心待ちにしていた写真集が届きました。 7 REECE MEWS FRANCIS BACON'S STUDIO 英国でもっとも絶賛されたアーティストのひとりであるフランシス・ベーコンのスタジオ内部を隅々までとらえた写真集です。 スタジオの中…

【セルジュ・ゲンズブール】DENOEL GAINSBOURG 所有欲を満たしてくれる本

先日、ラジオを聴きながらお昼ご飯の支度をしていると、いきなり耳に飛び込んできました。 「さ、いきましょう。今日はですね、フランスのシンガーソングライター、セルジュ・ゲンズブールについてお話しようと思います」 声の主はロバート・ハリスさん、Oto…

【驚異的に背中を押してくれる本】「数学する人生」岡潔 著 森田真生 編

当ブログ第1回目の投稿は、森田真生さん編集による世界的数学者・岡潔さんの選集「数学する人生」について書いてみたいと思います。 まず何故書いてみたいと思ったかと言えば、驚異的に背中を押してくれる本だからです。 恥ずかしながら私は、この本とであう…