変幻自在

二度と訪れない今この時、はやくシャッターきらないと。

Cristmas Tree

今年はハロウィンが終わって早々に、クリスマスツリーを買いました。

理由は引き出しの中に、寝かせておくには勿体ない、とてもきれいなクリスマスオーナメントがあるからです。

 

自発的にクリスマスツリーを買うのは初めてのこと。

最初は、どうせなら本物のモミの木にするかと、育て方なども含めて調べだしました。

が、しかし、買おうと思っていたお店で今年はモミの木の入荷がなかったり、住居事情により断念。

モミの木の香りで室内の浄化も図りたかったので残念です。

で仕方なく、フェイクツリーでいいかとアレコレ調べ、代官山のクリスマスカンパニーでこちらのツリーを購入しました。

 

f:id:sakura_tukue:20211121162018j:plain

高さ60cmの卓上ツリー、切り株風の土台には重みがあり、安定感あります。

 

お店の方いはく、今年初めて取扱うことにしたツリーで、モミの木の素材が従来タイプと異なるとのことでした。

買う前は、いくらクリスマスオーナメントがあるからとはいえ、今さらツリーを買うなんてどうなのよ、また物増えるし、と思ったりもしたのですが、持ち帰って机の上に置いてみたら、想像以上にかわいい!

ツリートップに大きな星を飾りたい!

ツリーの下にもトナカイとか松ぼっくりとか飾りたい!

何だかウキウキする!

 

毎年少しずつ(何ならひとつずつ)、本当に気に入ったオーナメントを買い足していきたいと思います。

期せずして、クリスマスオーナメント収集という新たな趣味ができ、楽しみがひとつ増えました。

スポンサーサイト

 

 

 

ちなみに、購入したもののツリーがなくて寝かせていたクリスマスオーナメントはこちら。

f:id:sakura_tukue:20211121164433j:plain

ハンドメイドのクリスマスオーナメント、まだタグも付いたままです。

 

以前記事にしましたスコットランド国立博物館のスーベニアショップで買いました。

 

hengenjizai.work

 

hengenjizai.work

 

あまりの綺麗さに、ツリーもないのに購入してしまった次第です。

十字架はどちらの色も捨てがたく、決められずに2色とも買いました。

そして蝶は、好きなんですよねー、蝶が。

蝶をモチーフにしたものと出会うと、つい買ってしまいます。

 

スコットランド国立博物館は展示もさることながら、スーベニアショップも面白いです。

建物内にショップスペースがいくつかあり、出くわすたびに物色してたら、友人知人などへのお土産、そして自分へと、結構買ってしまいました。

スポンサーサイト

 

 

 

これは、自分用に買ったブローチ。

スコットランドの森の中で集められた鳥の羽で作られていて、売り上げは森の保護に役立てられるそうです。

f:id:sakura_tukue:20211121170500j:plain

ジャケットの襟とかにつけるとアクセントになってよい。

 

この時の旅記録、まとめるまとめると言いつつ早くも途中で頓挫、やるやる詐欺化してしまってます。

 

hengenjizai.work

 

hengenjizai.work

 

が、が、がんばるぞ。。。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング