変幻自在

where the flowers bloom at midnight

【day2】Exploring Edinburgh【Scotland】×今週のお題「あったか~い」

今週のお題「あったか~い」

 

今回は、今週のお題「あったか~い」と、スコットランドの首都エディンバラひとり旅日記を掛け合わせてみました。

いまでもイギリス王室がスコットランドに訪問する際、滞在先として使用しているホリルードハウス宮殿を訪れたエディンバラ滞在2日目、私の「あったか~い」も登場します。

 

f:id:sakura_tukue:20211127200518j:plain

ホリルードハウス宮殿 The Palace of Holyroodhouse

 

エディンバラに到着して2日目。

曇ってるけど、雨じゃないだけいいか。

今日は、ホリルードハウス宮殿へ行ってみます。

なんとロイヤルレジデンスとして、500年以上の歴史があるそうです。

 

ホテルを出て、朝食を済ませ、宮殿までテクテク歩きます。

道順は簡単で、街の目抜き通りロイヤルマイルの果てまでひたすら真っ直ぐ。

道すがら、興味をそそられる個人店がいくつもあって、帰りに寄るのを楽しみに歩きました。

スポンサーサイト

 

 

ほどなくして、宮殿の前に到着。

まずは受付で入場料を払うんですけど、、、働いてる方々の制服がかわいいのなんの!

タータンチェックのスカートまたはパンツに、確かグリーン(ネイビーだったかな、うるおぼえ)のセーター、そして上着がネイビー(もしくはグリーンだったか、うるおぼえ)、景色にとにかくよく映えました。

入場料はいくらだったかなぁ、、、確か15ポンドくらいだったと思います。

日本円で大体2500円くらい?

入場料を払うとヘッドセットを貸し出してくれるので、母国語での案内をききながら宮殿内をまわれることができます。

それと私はここで、オフィシャルガイドブックも購入しました。

スタッフの方に、宮殿内は写真撮影禁止なのでいかがですか?とすすめていただいたのでね。

 

f:id:sakura_tukue:20211127182324j:plain

 

f:id:sakura_tukue:20211127182433j:plain

ページを捲るとまず目に飛び込むこの写真。ダイナミックないい写真。

 

宮殿は公園に囲まれ、そして背後にはアーサーズ・シート Arthur's Seat と呼ばれる丘がそびえます。

エディンバラは都市でありながら自然豊かな街です。

スポンサーサイト

 

 

宮殿の中を歩いていると、長い歴史を刻み、いまも変わらず残るたくさんの驚くべき肖像画や調度品などを前にして、不思議な感覚に陥りました。

それを言葉で表現するのは難しいのですが、時空を超え、昔の人々と交流しているような気持ちといいますか、こんなこと言うとおかしいんじゃないかと思われてしまいそうですが、昔ここにいた人々の気配を感じるといいますか。

人類って、繋がっているんだなぁと。。。

 

そしてこの感じは、宮殿を出て、隣接するホリルード修道院 Holyrood Abbeyへ足を踏み入れた後も続きました。

今は廃墟となってますが、12世紀に建てられ、歴代のスコットランド王が眠る場所。

そんな場所に自分がいるのも不思議であり、いっそう時間軸が曖昧になっていくのを感じました。

 

f:id:sakura_tukue:20211127200324j:plain

 

f:id:sakura_tukue:20211127172716j:plain

 

 

ホリルードハウス宮殿を出て、体が冷えきっていることに突然気付きました。

宮殿の中とはいえ、実際は外にいるみたいなもので、そういうとこに何時間もいたわけですから当たり前です。

気温はよくわからないけど、多分5℃以下、4℃とかそんな感じ。

来た道を戻りながら、来るときに目をつけていたお店に入って、ちょこちょこと買い物をしたり、お昼を食べたり、自然と滞在するホテルの近くへ戻って来たので、買ったものを置きがてら一旦部屋に戻りました。

まーでも、戻ったら最後、セントラルヒーティングシステムのおかげで部屋は全室ヌクヌクだし、居心地いいし、ちょっと立ち寄るつもりが、ゆっくり寛ぎました。

気ままな一人旅ですからね、時間に囚われず、気の赴くままです。

セントラルヒーティング、あったか~い。

スポンサーサイト

 

 

 

この後は、エディンバラ城が期間限定で夜もオープンしてるということなので、夕食と散歩がてら行ってみることにしました。

Edinburgh Castle of Light ということで、光をつかったインスタレーションなどが行われているようでしたが、エディンバラ城の前まで来て、やっぱり昼間来た方がいいかと思い直し、踵を返しました。

代わりに、このまわりをしばらく歩き回り、適当なレストランで夕食をとり、帰宅して即行バスタブに熱い湯をはり、どっぷり沈みました。

途中休憩があったものの、東へ西へ存分に歩き回り、肌を切るように冷たい、でも澄んでいて気持ちいい、そんな空気を全身で浴びた1日の〆。

冷えた体に至福な一時。

あったか~い。

 

お風呂に浸かりながら考えていたのは、今日訪れた場所のこととかではなく、明日からの夕食のことでした。

ひとり旅での夕食問題、結構重要じゃないですか?

日本だと、ひとり晩御飯が定着してるので、ひとりでも居心地悪くないようにカウンター席があったりするからいいんですけど、私の知る限り、なかなかUKでそれは望めない気がするんですよね。

広い席でのひとりディナー、どうも落ち着かないのです。

 

せっかくアパートメントタイプホテルに滞在し、十分すぎるキッチンが付いているのだから、何か簡単なものをつくってみるか。

旅先だとスーパー探索も面白いし、なんなら昔ロンドンに住んでた時に通っていた、懐かしのUKスーパーチェーンにまた行けるわけだから楽しいか。

 

そんなことをボーっと考えたりして、エディンバラ2日目、終了です。

 

f:id:sakura_tukue:20211127204701j:plain

 

f:id:sakura_tukue:20211127204721j:plain

 

f:id:sakura_tukue:20211127204558j:plain

 

次回は【day3】【day4】へと続きます。

この前の【day0】と【day1】、それと滞在したホテルの様子にご関心ある方、こちら↓↓↓をご覧ください。

 

hengenjizai.work

 

hengenjizai.work

 

hengenjizai.work

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング