変幻自在

where the flowers bloom at midnight

Goodbye, Summer

以前おとずれた食べもの屋さん。

お食事もインテリアも漂う空気も、そこにあるものすべて気に入ってしまった私はそれ以来、また訪れたくて訪れたくて、仕方ありませんでした。

 

hengenjizai.work

 

そして先月やっと、その念願が叶いました。

 

今回は窓際の席を案内していただきました

 

いただいたのは前回同様季節のごはん。

夏と秋の間にいただいた夏ごはん。

今頃夏の話なんて季節感にかけてしまうけれど、これが私の、2022年夏の終わりでした。

 

季節のごはん、まずはこちらからスタート。

 

 

ココット隣はポテトサラダ。

ゴーヤが使われていたのですが、ポテトサラダにゴーヤ、あうんですね。

とても美味しかったです。

 

そして今回、季節のごはん夏バージョンで一番気に入ったのがこちらの一品。

 

トロトロの大根の上に、ゴーヤの天ぷらとピリ辛系のもの

 

この後のメインは9月10日の十五夜、お月見をイメージして作られたお料理でした。

お写真なくて(途中から写真撮るのやめてしまいました)、想像しにくいと思いますが、夜空をイメージした漆黒の器に、お団子に見立てて大豆をすりつぶし丸めたもののフライとか、お味も見た目も大満足でした。

ここで出されるお料理の味付けはほぼ、スパイスと素材が持つ味だけで仕上げられているそうなのですが、塩や砂糖などの調味料を使わなくても、こんなに味わい豊かなものになるのかと感動します。

お料理に使われてるお野菜も、店主自らが丹精込めて育てたものです。

 

私は自分のことをグルメとか健康志向とか思ってないけど、自分の中にいれるものには、出来るだけ気を配りたいなあと思っています。

 

美味しいお料理と、無造作に生い茂る緑と、ゆったり流れる時間と、おしゃべりと。

夏が終わり、次ここに来られるのは秋か冬か。

 

なにはともあれ早くまた訪れたい。

 

 

 

スポンサーサイト

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング