変幻自在

二度と訪れない今この時、はやくシャッターきらないと。

【BBC Sounds】夜、心に語りかけてくる音楽たち【curated by Cillian Murphy】

闇夜でバスタブと遭遇。

 

f:id:sakura_tukue:20211104044439j:plain

 

夜も深まりました。

いい加減より道はやめて、帰らないとな。

年齢を重ねると体質が変わり、自然と夜型から朝型へ移行していくものだと思っていたけど、長年連れ添った体質、そう簡単に変わるもんじゃないですね。

 

 

夜更けといえば、こういう深い時間帯によく合うプレイリストがあります。

俳優のCillian MurphyさんによるLimited Edition、BBC Soundsで聴くことができます。

Cillian Murphyさんの選曲は前回もとても良かったので、今回も絶対いいだろうと聴き始めましたが、想像以上の素晴らしさで、思わずこうして書いてます。

今のところ、Vol.1、Vol.2と聴けるようになっていて、両方甲乙つけがたいですが、個人的にはVol.2が物凄く好きです。

1曲目、Willian S.Burroughs(小説家)とBill Laswell(ミュージシャン・プロデューサー)のコラボ、”Words of Advice For Young People”で始まるところなんかめちゃくちゃかっこいいし、Warren Ellis(ミュージシャン・コンポーザー )が新しく出した著書 ”Nina Simone's GUM” の一部朗読後、最後の2曲へと流れていく感じもただただ痺れます。

(Warren Ellisは、この朗読の後に流れるバンド、Dirty Threeのメンバー)

 

すみません、今の私の説明では、何がいいんだかぜんぜん分かんねーよって感じだと思いますけど、誰がとか何がとか一切関係ないんです。

何も分からなくても、セレクトされた全ての曲に感情を揺さぶる美しさ、凄み、抗えない説得力があり、説明は必要ないんです。

そうだ、あと、細野晴臣さんとコシミハルさんのユニット、Swing Slow の "Western Bolero" も7曲目に選曲されてるんだ。

BBCラジオ放送をライブで聴いてると、YMOはもちろんのこと幾何学模様(Kikagaku Moyo)とか、日本のアーティスト結構かかるんですね。

私がロンドンにいた頃も、ボアダムスとか日本人アーティストのライブがちょいちょいあり、音楽好きのフラットメイトはよく足を運んでました。

 

夜、心に語りかけてくる音楽たち。

音楽と対話。

BBC Sounds、いろんなデバイスで利用できます。

以下 ↓↓↓ プログラムウェブサイト、よかったら!

 

www.bbc.co.uk

 

 

スポンサーサイト

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング