変幻自在

where the flowers bloom at midnight

Autumn Afternoon Tea @Juri's Tea Room

以前ここにも書いたことある麻布十番のティールーム、Juri's Tea Room 。

 

hengenjizai.work

 

今回はそのジュリスの、アフタヌーンティーをいただいたときのことを少し。

 

季節限定 Autumn Afternoon Tea

 

この時いただいたのは、いつもの定番アフタヌーンティーではなく、11月10日から始まった季節限定バージョン。

 

ティースタンド上段

手前のスコーンから時計回りに、ディーツのタルト、アップルケーキ、カボチャのジェラート、アールグレイのパンナコッタ

 

ティースタンド下段

フィンガーサンドウィッチ

中身はキュウリ(アフタヌーンティーといえばまずこれ)、そしてタマゴ、ツナ

 

紅茶

ミルクと良く合うセイロンウバを選びました。

こちらのアフタヌーンティー、いろいろなお茶を試せるスタイルではないですが、さし湯をいただけます。

どうしても2杯目は、ポットの中で濃くなってしまいますし、これは嬉しいサービスだと思います。

 

ティーウェアはバーレイ

 

一応マナー的には、ティースタンドの下段からいただく、とかありますけど、せっかくスコーンがあたたかいので、本日のアフタヌーンティー、まずはスコーンからスタート。

ジュリスといえばスコーンですしね!

 

イチゴジャム、ちょっと欲張り過ぎたかな

スコーン

まずはふたつに割り、クロテッドクリームを山盛りぬる。

そしてその上にイチゴジャム。

クロテッドクリームが先かジャムが先か、よく談義されますけど、私はクロテッドクリーム先派です。

ついでに紅茶もミルク先派。

 

こちらのスコーン、ほんと美味しいですよ。

食べると、とーーーっても幸せな気持ちになります。

 

ディーツのタルト

珍しいですよね、ディーツのタルトなんて。

皆さま、耳にしたことあります?

私は今回初めていただきました。

 

アップルケーキ

洋酒のきいたしっとりケーキにクランブルトッピング。

絶妙のバランス感。

 

カボチャのジェラート

今回のアフタヌーンティーで、一番の衝撃がこれだったかもしれない。

冷たいお菓子なのに、どうしてこんなにも、あたたかみを感じるのでしょう。。。

見た目も味もとてもシンプルで素朴なんだけど、一口食べて驚いた。

ふわ~と口の中にカボチャのやさしい甘みが広がって、冷たいけど冷たくない。

こんなジェラート食べたことない。

 

アールグレイのパンナコッタ

上にかかる柑橘系ソースがとにかく秀逸。

密のような甘さに柑橘系の苦味、こちらも見事なバランス感です。

 

フィンガーサンドウィッチ

ジュリスはスコーンやケーキだけじゃなく、サンドイッチがとても美味しいです。

以前いただいたクリームチーズとサーモンのサンドイッチも絶品でしたが、今回いただいたタマゴのサンドイッチ、混ざっていたのは刻んだピクルスでしょうか(間違っていたらごめんなさい!)、食感といい味といい、美味しかった。

 

Juri's Tea Room のアフタヌーンティー、見た目はシンプルですけど、実はそれとは裏腹に、ものすごく巧妙だと、そんなふうに私は思ってます。

スコーン禁断症状が出たら、またうかがいます。

 

 

 

おまけ

満たされ過ぎて嬉しい悲鳴を上げる心とお腹を落ち着けようと、食後は読書。

 

LIFE ON THE REFRIGERATOR DOOR / ALICE KUIPERS

短文で読みやすそうという理由だけで、出掛けにハンドバッグへ入れたけど、この本がものすごくよかった。

後半は感極まり、ジュリスの窓際特等席 For お一人様で思わず涙してしまいました。

この本についても、後ほど何か書けたら書きたいなーと思ってます。

 

スポンサーサイト

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング