変幻自在

where the flowers bloom at midnight

【Calton Hill】Exploring Edinburgh【day7】

忘れた頃にやって来る、エディンバラひとり旅日記。

残すところ、今回入れて2回となりました。

やっとです。

 

 

 

Calton Hill カールトン・ヒル

雲で覆われた空の下、Calton Hill カールトン・ヒルという丘(死火山)へやって来ました。

英国独特のどんよりした空模様、毎日のこととなれば太陽が恋しくて仕方なくなると思うけど、旅行者的立ち位置だと、この寒くて古くてグレーなTHE英国的雰囲気は案外悪くなかったりします。

 

Calton Hill カールトン・ヒルは英国で最も古いパブリック・パークのひとつ、著名な方々の記念碑や歴史的建造物が立ち並んでいます。

たとえばこんな感じで、、、、、

 

むかって左からナショナル・モニュメント、ネルソン・モニュメント、ドーム型の旧天文台

真ん中の天体望遠鏡をひっくり返したようなネルソン・モニュメントは、1805年トラファルガーの海戦で戦死したネルソン提督を記念して建てられたもの。

入場料を払うと中へ入れるのですが、私は外から眺めただけでした。

 

個人的に特筆すべきは、左側のナショナル・モニュメント。

アテネのパルテノン神殿を模して、ナポレオン戦争戦没者記念碑として建てられたそうですが、なあんか中途半端な仕上がりじゃないですか?

それもそのはず、なんと、1822年に着工したものの途中で予算が尽きてしまい建設中止、以来未完のままの姿でさらされてるそうです。

なんか嘘みたいというか、かなりとぼけた歴史的建造物です。

 

柱は12本しか建たず

 

街中も寒いですけど、丘の上はもっと寒く、冷たい風にビュービュー吹かれ、鼻のあたまもほっぺたも氷のように冷たくなりました。

 

でも、これが気持ちいいのですよ。

頭の中がクリアになって。

やってることは丘にのぼって、ただ風に吹かれているだけなんですけどね。

 

丘の上はとても静かです

 

眺めもよく、遠くに海が見える

 

あれ?

何故にこんなに南京錠?

 

Calton Hill カールトン・ヒルにはカフェもあって、そこで提供されるアフタヌーンティーにかなりひかれたのですが、ここから次の目的地へむかう途中に行きたいカフェがあり、悩んだ末断念しました。
代わりに、というわけではないけれど、やはりCalton Hill カールトン・ヒルにあったショップでお買い物。

地元アーティストの作品などを販売していて、何やかやであれこれ購入。

たとえばこんなのとか。

 

イラストによるエディンバラA-Z

 

Victoria Rose Ballさん(エディンバラに魅せられ移り住んだイラストレーター)のイラストに、ほんの数行、それぞれの対象に纏わるKey的事柄を添え、私たちをエディンバラ発見の旅へと誘います。

とてもスローで、だけど不変的な一冊。

 

そうそう、この時買ったエコバッグは今でも使っているけど、日本でも普通に売っていたのですよね。。。

発見したときはちょっぴり複雑な気持ちでした。

 

John Lewis ジョン・ルイス

ご存知のかたも多いと思いますが、John Lewis ジョン・ルイスは英国の百貨店チェーン。

 

過去記事のこれ ↓ とか、

 

hengenjizai.work

 

これ ↓ にも書きましたけど、

 

hengenjizai.work

 

私は百貨店巡りが大好きで(特に旅先で)、訪れると隅々まで何時間でも物色してしまいます。

ジョン・ルイスに対する私のイメージは、良いものを手の届く価格で買える百貨店。

質もデザインもいいです。

 

私が訪れた時は既にクリスマス商戦が始まっていて、エントランス入ると魅惑的な商品がブワーっと並んでて、特にTED BAKERの品揃えがとてもよく、文具とかウォーターボトルまであり、危うく踊らされ散財するところでしたが、まずはここに来た目的を果たさねばと思い直し、上階へと移動しました。

 

むかったのは寝具売り場。

お目当てはジョン・ルイス・オリジナルのシーツ・カバー類。

何だかあまりに日用品すぎて、キラキラ感まったくないですが、ジョン・ルイスのシーツ・カバー類、生地がしっかりしててシワになりにくく、いつまでもパリッとしてて非常に良いのですよ。

大興奮で3点セットを2セット購入しましたが、いや~、布って重いんですね!

ホテルへ戻る道のり、腕がもげるかと思いました。

 

そうそう、ジョン・ルイスの最上階にもカフェがあって、買い物を終えたあと一休みしました。

おしゃれ感はないですが、広いし、通りに面した方は窓になっているので、解放感あって居心地よかったです。

 

あ、あと、ジョン・ルイスへむかう途中、道に迷いまして、そのおかげで素敵な本屋さんとの出会いもありました。

Topping & Company Booksellersというインディペンデント・ブックショップです。

よろしかったら以下ご覧くださいませ。

 

hengenjizai.work

 

それでは、次回は最終回でーす。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング